定期点検

愛車の健康管理

愛車の健康管理

当店の定期点検整備は、車両のエンジンやブレーキなどの各箇所を点検診断しながら、部品の劣化や消耗といった状態をチェックすると共に、点検作業の過程で、過去の積み重なった運転時間により、本来の性能から徐々に低下した摺動箇所を「分解→清掃→給油&調整」といった作業をしていきます。
点検作業中には、分解箇所や作業過程の写真を撮影していきますので、納車時にその点検写真をお見せしながら分かりやすくご説明させていただきます。
そして、点検した車両の状態から、今後どう変わっていくか予測して必要な部品交換や修理整備もしく調整作業を行います。
これにより、「大きな故障トラブル」が発生した際の大きい出費を未然に防ぐ可能性が大きくなり、次回の定期点検までの安心安全をご提供します。

また、車検整備の無い「250cc以下」のオートバイは特に定期点検整備を怠る場合が多く、安全確保や環境への配慮も兼ねて、安心安全に乗っていただく為にも、定期点検整備のご依頼を推奨します。
なお、定期点検料金は、メーカーやモデルと排気量、車両の状態や仕様によって異なりますので、お気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

点検・整備を怠ることによる故障・不具合の一例

ステアリング装置

走行安定性と操舵を円滑化させる役割を持つ「ステアリングステムベアリング」です。
長年の走行と点検及び整備を怠ったことにより、グリスが汚れ枯渇しベアリングが破損故障。
ハンドルの円滑な操作が困難となり、走行中にハンドルの上下左右のブレが発生します。

ステアリング装置
ステアリング装置

ブレーキ装置

速度の減速あるいは車両を停止させる役割を持つ「ブレーキ装置」です。
ブレーキ操作を油圧によって伝達させる「ブレーキオイル」は熱や劣化により汚れ、伝達不良もしくはブレーキ性能が低下していきます。

ブレーキキャリパー内部の消耗品「ブレーキパッド」は走行していくうちに、制動能力を司る箇所の残量が減り、徐々に性能が低下していきます。
最悪ブレーキパッドがなくなると、ブレーキが効かなくなります。

走行装置

走行安定性と路面からの衝撃緩和と前進させるグリップ力の役割を持つ「タイヤ」です。
経年劣化による硬化からヒビ割れが発生し、本来の性能が低下し、ヒビから徐々に空気が抜け始めます。
また走行安定性に悪影響が生じ、最悪タイヤがパンクやバーストするケースがあります。

動力伝達装置

変速及び加減速時の安定性と、エンジンからの駆動力を円滑に後輪へ伝達させる役割を持つ「ドライブチェーン」です。
長年の走行と点検及び整備を怠ったことにより、チェーンが伸びてしまいサビて円滑な動きが損なわれ、スプロケットの歯を痛めてしまいます。この悪循環により、双方ともに変摩耗から部品寿命が短くなります。

電気装置

ガソリンと吸入空気の混合気を燃焼させるために、必要不可欠な火花を発生させる役割を持つ「スパークプラグ」です。
長年の走行と点検及び整備を怠ったことにより、スパークプラグの電極が消耗し、火花の力と適正なタイミングが損なわれます。
消耗したまま運転を続けると、本来のエンジンパワーの低下や、始動性の低下、燃費が悪くなったりと様々な症状が発生します。

エンジン

1分間に約7千回転するエンジン内部の潤滑・密封・冷却・洗浄・防錆の役割を持つ「エンジンオイル」です。
長年の走行と点検及び整備を怠ったことにより、以下の性能が低下し、カーボンや鉄粉を吸収し汚れていきます。
定期的なエンジンオイル交換を怠ったことにより、エンジン内部箇所の油膜が切れ、異音が大きくなり、焼付きや傷が発生し、エンジンが故障します。

消耗品と交換時期の目安

オートバイの消耗品と交換時期の目安です。
点検実施時に消耗品を交換すると、交換工賃がお得です!

当店の点検スケジュール

正規取扱店の当店だからご提供できる充実のメンテナンスサポート。
オートバイは納車してからが重要です!

エンジンオイルの交換時期
慣らし運転中は、エンジン内の鉄粉が発生しやすくオイルの劣化が早くなります。
最初の交換時期は「500km」、次回が「1,500km」を推奨しています。
そして慣らし運転が完了したあとは、「3,000km」毎が交換目安にとなります。

当店の点検整備の流れ

通常、点検整備を行った場合は交換した部品の一覧や御見積もりの明細票のみで、なにがどう変わったのか?どこがどう悪かったのか?など、不安に思うことがあると思います。

そのため、当店では点検終了後に点検整備記録簿をお渡ししております。点検前後の部品や作業中の画面をもとに、ご説明させていただきます。

①お問い合わせからご依頼

メーカー車種及び仕様により点検料金が異なりますので、車両名・仕様・走行距離等情報を添えてお問い合わせ下さい。
また、症状や不具合等もありましたら詳しくお聞かせください。
おおよそお見積りとお預かりから納車までの期間をご返信させていただきます。

  • ※作業予定の混雑状況によりご依頼をお受けできない場合も御座います。
  • ※当店では、自店で購入されたお客様の予定を優先させていただいております。
  • ※海外メーカー車種、違法改造車及び他車種部品を流用した車両はお断りさせていただきます。
  • ※日本で正規に販売していない並行輸入車の場合、お断りさせて頂く場合がございます。
当店での点検

②ご来店およびお預かり

車両お預かりでご来店の際は、必ず「車検証」をご持参ください。
受付時にお客様の車両状況や消耗品交換追加の有無など打合せします。
その際に、「お客様と車両外観等のチェック」をさせていただきます。

  • ※大変申し訳ございませんが、代車のご用意は出来かねますので、お帰り及び引き取りの際は、送迎及び公共交通機関にてお願いします。
当店での点検

③お見積りのご連絡

お預かりしている車両の診断後、点検整備のお見積りを作成します。
見積り完成後、お客様へ見積り金額等のご連絡させていただきます。

当店での点検

④点検整備作業

点検整備記録簿の表記内容にて点検作業を進めていきます。
作業過程および分解箇所の状態写真を撮影しながら作業します。
また、点検作業中に不具合を発見した際は、車両状態及び見積りも兼ねてご連絡させていただきます。

  • ※車両状態によりお預かり期間が長引く場合も御座いますのでご理解の程よろしくお願いいたします。
  • ※作業キャンセルはお受けできませんので、よろしくお願いいたします。
当店での点検

⑤洗車サービス

点検整備終了後に、サービスで洗車を実施しております。

  • ※水洗いNGもしくはコーティング施工車のお客様は受付時にお申し付けください。
当店での点検

⑥点検記録簿および作業写真アルバム作成

今回の点検整備内容の記録簿と作業写真を作成しまとめます。

  • ※写真データご希望のお客様はお預かりの際に「USBメモリー」をご持参下さい。
当店での点検

⑦納車

納車時に、作業写真アルバムと交換した部品類を交えて、今回の点検整備結果や状態を分かりやすくご説明、今後の推奨作業や推奨消耗部品交換等をアドバイスさせていただきます。
お帰りの際は、点検整備記録簿と一緒に作業写真アルバムをお持ち帰りいただけます。

  • ※お支払い方法は現金となります。また売掛は一切行っておりません。
  • ※作業完了のご連絡から、引き取りに行けず車両の保管期間(一ヶ月以上)が長引く場合、車両保管料金を頂きます。
当店での点検

お問い合わせフォーム

バイク
バイク背景
© 2015 MOTO SHOP TAKAHASHI All Rights Reserved.
ページトップへ