ブログ

ブログGPZ900R エンジンオーバーホール(その②)

2012-10-05

前の記事の続きです(*^-^)b

シリンダーヘッド脱着後、
ピストン、シリンダーを外すところです。

o0800060013123979331

 

 

o0800060013123982953

 

 

o0800060013123981923

 

 

o0800060013123981925

永年、積もり積もった
「カーボンスラッジ」が貯まってますね( ̄□ ̄;)!!
ちなみに距離は約2万㎞のエンジンです。

ここから、
シリンダーヘッドのバルブを抜いていきます。
特殊工具
「バルブスプリングコンプレッサー」を使い、
バルブとスプリングを固定している
「コッター」をピンセットで外しているとこです。
(なんてコッタ~・・・なんつって)

o0800060013123984257

 

 

o0800060013123984256

 

 

o0800060013123984255

 

 

o0800060013123985046

バルブ脱着完了~!
やはりこちらも永年の
「カーボンスラッジ」が貯まってました。

ニンジャは「DOHC 16バルブ」なので、
16本上記の作業をして抜いていきます。

バイク
バイク背景
© 2015 MOTO SHOP TAKAHASHI All Rights Reserved.
ページトップへ