ブログ

ブログゼファー750 ワンウェイクラッチ交換

2013-01-22

今回の整備車両ですが、
カワサキ ゼファー750(前期型)です。

そして、整備内容は、
クランキングの際に最も重要な箇所
「ワンウェイクラッチ」の交換です。
特に前期~中期型は消耗してくると、
セルが空回り、止まるといった不具合が
起こりやすくなります。(冬場は特に)

では、作業開始です。
まず、左右のカバー類と中身、
マフラー、オイルパンを外します。

o0800060012387423066

 

o0800060012387423065

 

o0800060012387423067

 

クラッチ一式、オイルポンプ、
その他諸々脱着し、

セカンダリシャフトを
オイルポンプギヤ側へ叩き、
向こうへ抜くと同時に
ワンウェイクラッチを下から、
チェーンを外し取り外します。

o0800060012387425306

 

o0800060012387425307

 

o0800060012387425308

 

 

これが主原因部品の
「ワンウェイクラッチ」です。
3つある円筒状の部品と
そのスプリング類を交換します。

これでストレスを感じることなく、
気持ちの良いEgスタートができますね!
Egオーバーホールの際や、
ベアリング交換の際など、
一緒に交換すると工賃も抑えられますので、
ご検討されてはいかがでしょうか?

バイク
バイク背景
© 2015 MOTO SHOP TAKAHASHI All Rights Reserved.
ページトップへ