ブログ

今回の整備車両ですが、
カワサキ ゼファー750(前期型)です。

そして、整備内容は、
クランキングの際に最も重要な箇所
「ワンウェイクラッチ」の交換です。
特に前期~中期型は消耗してくると、
セルが空回り、止まるといった不具合が
起こりやすくなります。(冬場は特に)

では、作業開始です。
まず、左右のカバー類と中身、
マフラー、オイルパンを外します。

o0800060012387423066

 

o0800060012387423065

 

o0800060012387423067

 

クラッチ一式、オイルポンプ、
その他諸々脱着し、

セカンダリシャフトを
オイルポンプギヤ側へ叩き、
向こうへ抜くと同時に
ワンウェイクラッチを下から、
チェーンを外し取り外します。

o0800060012387425306

 

o0800060012387425307

 

o0800060012387425308

 

 

これが主原因部品の
「ワンウェイクラッチ」です。
3つある円筒状の部品と
そのスプリング類を交換します。

これでストレスを感じることなく、
気持ちの良いEgスタートができますね!
Egオーバーホールの際や、
ベアリング交換の際など、
一緒に交換すると工賃も抑えられますので、
ご検討されてはいかがでしょうか?

前回の続きです(o^-‘)b

CB750Fの車体回りです!
ステアリングのガタ、ブレが
気になるということで・・・

o0800060012231694284

 

o0800060012231694283

 

o0800060012231694285


予想通り、
ベアリング共に消耗し、
グリスが固着してました(-“-;A

なお、
ハンドルのガタ、ブレにも、
タイヤ、ブレーキ、ホイール等
様々な原因がありますので、
信頼と実績のあるショップにて
診断を受けて下さい。

 

o0800060012231698006


さて、戻りますね!
ベアリングセット、オイルシールを
交換し、しっかりグリスアップ!

当店では、
マルチパーパスグリス
「シルコリン Pro RG2」を使用しています。
(これマジおすすめですよ)

最後に、
お好みのハンドリングに合わせ、
ステムの締め付け具合を調整。

旧車問わず、非常に重要な箇所です。
自分の愛車もOHしてみては?

今回も過去の整備写真について、
アップしたいと思います!

さて、第2回目は、
「ホンダ CB750F」
距離6万キロを走破し、
足回りのガタが気になる状態です。

 

o0800060012226646087

 


年式相応とも思えない
ピカピカの美車です(ノ゚ο゚)ノ

 

o0800060012226646088

 


まずはエンジンから診断です。
こちらの車輌はずっと当店で、
メンテナンスしてきました。

o0800060012226652477

 

o0800060012226652478


予想はしていましたが、
年式、距離関係なしに、
恐ろしく良い状態ですね!

o0800060012226652480


しかし、
タペットクリアランスは、
けっこうつまってましたので、
特殊工具で「タペットシム」を取り出し、
「マイクロゲージ」にて測定します。
クリアランス値とシム厚さを計算し、
ベストな厚さのシムを組み込みます。

燃費アップ
エンジンノイズの低減、
エンジンレスポンス、
走り出しのスムーズ感等
お客様からお喜びの声を頂きました。
ありがとうございます。

さて、お次は車体回りのメンテです。

前の記事の続きです(*^-^)b

お次は、
組み付け調整作業です。

o0800060012221251530

 

 

o0800060012221251531


シリンダーヘッドの
バルブ当たり面の研磨修正作業です。
なお、チタンコーティングバルブは出来ません。
(メーカー、エンジンによりできないものもあります)
さて、説明を簡単に進めました。
バルブ等部品を組み付けました。
(ここまでけっこう時間かかります)

o0800060012221260769

 

 

o0800060012221260768
特殊工具「シックネスゲージ」にて、
規定値より、若干広く調整します。

o0800060012221263940
シリンダーも組み付けし、
後は、ヘッドを取り付けです。
その他、色々と作業しますが

作業写真の不足、
説明の簡略のしすぎで、
かなり適当な記事になってしまいましたが、
読んでくださり、ありがとうございました。

前の記事の続きです(*^-^)b

一通り分解作業が終わり、
今度は各部品を清掃です。

o0800060013123989097

 

 

o0800060013123989099

 

 

o0800060013123990024


固まったカーボン汚れを落としていきます。
一つ一つ丁寧に清掃します。

o0800060012221225907

MSTの点検記録簿
清掃後です。
キレイになりましたね!
ピストンにモリブデンをバーナーで軽く馴染ませ、
「ピストンリング」を組み付けます。

o0800060013123990602
ついでなので、
シリンダー外面を耐熱塗装で、
塗っておきます。

o0800060013123991235
さて、次回は組み付け調整です。

前の記事の続きです(*^-^)b

シリンダーヘッド脱着後、
ピストン、シリンダーを外すところです。

o0800060013123979331

 

 

o0800060013123982953

 

 

o0800060013123981923

 

 

o0800060013123981925

永年、積もり積もった
「カーボンスラッジ」が貯まってますね( ̄□ ̄;)!!
ちなみに距離は約2万㎞のエンジンです。

ここから、
シリンダーヘッドのバルブを抜いていきます。
特殊工具
「バルブスプリングコンプレッサー」を使い、
バルブとスプリングを固定している
「コッター」をピンセットで外しているとこです。
(なんてコッタ~・・・なんつって)

o0800060013123984257

 

 

o0800060013123984256

 

 

o0800060013123984255

 

 

o0800060013123985046

バルブ脱着完了~!
やはりこちらも永年の
「カーボンスラッジ」が貯まってました。

ニンジャは「DOHC 16バルブ」なので、
16本上記の作業をして抜いていきます。

本日から、本始動!
今後ともよろしくお願いいたします。
過去の整備写真をアップします(‐^▽^‐)

「カワサキ GPZ900R」
距離も伸び、エンジンノイズがひどく、診断した際の状態です。


カム山、ロッカーアームがすり減ってます( ̄□ ̄;)
油幕切れによる削れが原因です。

 

o0800060013123975465

 

o0800060013123975464

ここから、エンジンオーバーホールの依頼を受け、いざ分解スタート!

バイク
バイク背景
© 2015 MOTO SHOP TAKAHASHI All Rights Reserved.
ページトップへ